切手買取の教科書

不要な切手を処分する4つの方法

記念切手であれば手元に残しておく価値はありますが、特に思い入れがなければ処分するのは選択肢の一つですね。

処分とは言ってもただゴミ箱に捨てるのではなく、切手には価値があるので業者に買い取ってもらったり誰かに売ったりする方法が適しています。

  • 使わなくなった切手が自宅に大量に残っている
  • 貰った切手が押し入れの中にたくさん入っている
  • 切手の量が多すぎてどう処分すれば良いのか迷っている

こんな方には切手の買取業者への依頼がおすすめで、一定の価値がある品物だからこそ捨てて処分するのが勿体無いのはお分かり頂けるのではないでしょうか。

プレミア価格がつくような切手もありますし、不要品として処分を検討しているのであれば臨時収入を得る方が遥かにお得です。

専門業者によって買取価格には違いがあるものの、切手を買い取ってもらうに当たって以下のメリットがあります。

  • 記念切手実店舗へと持ち運んだり郵送して見積もりしたりと個人の好きな方法で売ることができる
  • 未使用の切手だけではなくノートに貼ってある切手も買い取ってくれる(保管状態で価格は異なる)
  • 迅速な対応を心掛けているサービスが多く、直ぐに現金を手に入れることができる

素人が見て一見良く分からない古切手でも、通常よりも希少性が高くて業者へと買取依頼をして高値がつくケースも多いのです。

以下では不要な切手を処分する方法で悩んでいる方のために、どこで買い取ってもらえば良いのかまとめてみました。

実店舗へと売りたい切手を持っていく

切手の買取で真っ先に思い付くのは、実店舗へと売りたい切手を持っていく方法です。

金券ショップを中心に様々な店舗で不要な切手を処分でき、思わぬ金額で売れることも少なくありません。

店頭買取で切手を処分するに当たり、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 買取価格に納得がいけばその場で直ぐに現金を受け取ることができる
  • 外出の用事があればついでとして金券ショップへと足を運べば良い
  • 対人のやり取りとなり、査定員と切手の買取に関して直接会話ができる
  • 店舗によっては事前予約なしで飛び込みで依頼できるところがある

一定の価値を持つ切手を直接持ち運び、査定員さんと会話をしてどのくらいの価格で売ることができるのか確認できます。

しかし、店頭買取だと複数の業者へと見積もりを取る相見積もりがしにくく、少しでも高く売りたい人にはあまり適していません。

折り目やシワが入っていると買取できないケースもあり、「せっかく持ち運んだのに無駄足だった・・・」と時間がかかりやすいのが注意点です。

宅配買取を行うサービスを利用する

金券ショップへと切手を持ち運ぶのが面倒な方には、宅配買取を行うサービスの利用をおすすめします。

店舗へと行かなくても切手を郵送するだけで買取の依頼ができ、大まかな流れについて以下ではまとめてみました。

①切手の買取を行っている業者を探す
②メールや電話で買取の依頼をする
③自分が持っている切手を業者へと郵送する
④メールや電話で査定の結果を教えてもらう
⑤見積もり金額に納得がいけば取り引きが成立する
⑥指定の口座へと買取金額を振り込んでもらって完了

自分の好きなタイミングで切手の買取を依頼し、処分できるのが魅力的なポイントですね。

買取価格に納得がいかなければキャンセル手続きで返送してくれますので、「そのままお金を払わずに持ち逃げされるのでは・・・」と不安になる必要はありません。

現在ではインターネットの発達で買取業者ごとの口コミの評判も簡単に確認できるようになったため、悪質業者の数は確実に減っています。

出張買取を依頼する

実店舗へと足を運ぶのが嫌な人は、出張買取を依頼するのも選択肢の一つです。

宅配買取とは違って直接査定員さんと話ができますし、同じように自分から店舗へと足を運ぶ必要はありません。

以下では、出張買取で切手を処分する手順を簡単にまとめてみました。

①出張買取を行っているサービスへと問い合わせて査定の日時を決める
②決まった日時に査定員が自宅へと来て切手の買取価格を算出する
③価格に納得がいった場合はその場で現金を受け取れる

「金券ショップに行くのはちょっと面倒」「でも査定員と直接話して買い取ってもらいたい」と考えている方におすすめの方法ですね。

優良なサービスであれば、厳しい専門家研修を受けたプロ査定員が自宅へと来てくれるので安心してください。

オークションサイトやフリマアプリを利用する

切手をただ捨てて処分するよりも、オークションサイトやフリマアプリを利用した方が少しでもお金になる確率が高くなります。

ヤフオクメルカリといったサービスが代表的で、切手を出品して買い取ってくれる人を探すようなイメージです。

思わぬ掘り出し物が見つかることも多く、皆さんも一度はオークションサイトで買い物をしたことがあるのではないでしょうか。

ただし、オークションサイトで切手を売る場合は、「出品する際の手続きが面倒」「確実に売れるわけではない」といったデメリットがありますので注意してください。