切手買取の教科書

郵便局で切手の払い戻しはできる?

郵便局で切手の払い戻しはできるの?

金券ショップでは金券の払い戻しが可能で、新幹線格安チケットや在来線格安チケットなどが該当します。

金券類の商品は払い戻しの機能がついているケースが多いものの、残念ながら郵便局で切手を払い戻したり買い取ってもらったりすることはできません。

郵便局のホームページを見てみると、以下のように記載されていました。

Q:切手を買いすぎたが現金で払い戻しをすることはできますか?
A:現金での払い戻しは行っておりません

引用元:いらなくなった切手やはがきは返金してもらえますか? – 日本郵便

これは切手だけに限らず、はがきの買取や返金に関しても全く一緒ですね。

郵便局であれば切手の換金に対応してくれそうな気がしますが、現金化するのは不可能だと心得ておかなければなりません。

郵便局では新しい切手に交換できる

払い戻しは不可能でも、郵便局では新しい切手と交換することができます。

郵便局のホームページでは、「汚れたり破れたりしていない切手であれば所定の手数料で交換させて頂きます」と書かれています。

切手やはがきの交換で発生する手数料は、以下のように種類で違いがあります。

  • 郵便切手や通常はがき:1枚につき5円
  • 往復はがきや郵便書簡:1枚につき10円
  • 特定封筒(レターパック):1枚につき41円
  • 10円未満の郵便切手や郵便はがき:合計金額の半額

手紙やはがきに貼ってある切手でも、所定の手数料を支払えば交換は可能です。

切手を現金化するにはどうすれば良いの?

一昔前は日常的に手紙を出している人はいましたが、現在ではメールやLINEの発達によって使用する機会は圧倒的に減りました。

遠距離恋愛で手紙を使ってやり取りする若者はほとんどおらず、携帯電話やスマホがあれば十分ですよね。

その影響で切手を使う機会も減り、自宅にある不要な切手をどのように処分すれば良いのか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

切手は保管状態が良くても郵便局で払い戻しすることはできないため、次の方法で現金化するのがおすすめです。

・金券ショップへと足を運んで切手を換金してもらう
・切手の買取を行う業者へとメールや電話で依頼する
・ネットオークションへと出品して買ってくれる人を待つ

扱いに困っている不要な切手を処分するに当たり、現金化すれば悩みを解消できます。

切手の置き場所を探す必要性は一切ありませんし、買取価格に応じて現金を手にできるというメカニズムです。

家で使わなくなった切手は郵便局で払い戻すのではなく、別の専門業者へと依頼して買い取ってもらってください。

切手を現金化するメリットは?

切手を現金化するに当たり、どのようなメリットがあるのか以下では幾つか挙げてみました。

・不要な切手を捨てずに有効活用ができる
・高い換金率で取り引きが行われている
・金券ショップではその場でお金を手にできる
・ネットの切手買取業者であればわざわざ店頭へと足を運ばなくても良い

切手を払い戻しできないと知り、「家で保管しておいても仕方がないから・・・」「もう切手を使う機会は確実にないから・・・」といった理由でビニール袋に入れたまま捨てている方は少なくありません。

これは現金になる可能性を持つ品物をドブに捨てているのと一緒ですので、処分ではなく売却がおすすめです。

切手の宅配買取がおすすめの理由は?

切手を現金化するに当たり、金券ショップへと持ち運んだりネットオークションで出品したりといった方法があると説明しました。

しかし、金券ショップの利用は直接店頭へと足を運ばなければならないので面倒ですし、ネットオークションへの出品は中々売ることができません。

ヤフオクやメルカリなどオークションサイトやフリマアプリの利用は現在では流行っていますが、欲しがる人が少ないのが現状です。

そこで、切手は専門業者へと宅配買取を依頼する方法がおすすめで、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

・キットが届いたら品物を詰めて発送するだけでOKで、わざわざ実店舗へと足を運ばなくても良い
・買取手数料が無料で切手の価格だけを算出して現金化できる
・普通切手だけではなく記念切手や外国切手の買取にも対応してくれる
・店頭買取が中心のショップと比べて人件費やテナント料がかからず、査定金額が高くなりやすい
・切手を送った後に査定してもらい、金額に納得できなければ簡単にキャンセルができる

店頭買取よりもたくさんのメリットがあり、現在では切手の現金化で数多くの人が利用しています。

どのサービスでも専門のバイヤーが鑑定してくれるので間違った価格が算出されることはなく、安心感が高いのも魅力的なポイントですね。

また、以下の流れで複数のサービスへと相見積もりを取ることもできます。

①1つではなく複数の買取業者へと見積もりを取ってもらう
②A社とB社で見積もり金額にどの程度の違いがあるのかチェックする
③高い査定金額を出してくれたところに買取の依頼をする

切手を少しでも高い金額で売る秘訣ですので、複数のサービスへと宅配買取の依頼をしてみてください。