切手買取の教科書

記念切手とは?買取価格の相場はどのくらい?

記念切手とは?

記念切手とは何かしらの国家行事を記念して発行される郵便切手のことを指し、一定枚数のみ印刷されるのが普通切手との大きな違いです。

コレクションとして集めている人の記念切手を譲り受けたりお年玉年賀はがきで当選したりして、複数枚持っている人は意外と多いのではないでしょうか。

以下では、近年に発行された代表的な記念切手を幾つか挙げてみました。

2014年10月31日:古典の日制定
2014年10月1日:新幹線鉄道開業50周年
2014年5月12日:FIFAワールドカップブラジル2014
2013年12月12日:日ケニア外交関係樹立50周年
2013年10月1日:日本スペイン交流400周年

オンラインショップや金券ショップでは記念切手が販売されていますので、欲しい種類を購入するのは可能ですよ。

記念切手の使い道とは?

「記念切手は特別な時にしか使えない」とイメージしている方は少なくありません。

しかし、切手という点では一緒ですので、普通切手と同じように郵便として使うことができます。

額面の価格通りに使えるため、手紙やゆうパックとして利用するのがオーソドックスな使い道です。

「普通切手として記念切手を使うのはちょっと勿体無い」と考えている方には、次のような使い方をおすすめします。

  • 郵便局へと持っていって他の商品やサービスと交換する
  • 金券ショップへと持っていって現金化する
  • ネットオークションなど個人売買で売る
  • 物々交換サイトを利用して他の欲しい物と交換する

郵便局で換金したり払い戻したりすることはできないものの、金券ショップやネットオークションで現金化するのは可能です。

捨てずに大事に持っているのは選択肢の一つですが、意外と値が張る記念切手もありますので売却を考えてみてはいかがでしょうか。

使わない記念切手は買い取ってもらおう

使わない記念切手がたくさんあって困っている人は、専門の業者へと依頼して買い取ってもらう方法がおすすめです。

現在では記念切手など金券の買取を行う専門の業者が数多く登場しました。

他の方法で買い取ってもらう場合、次のようなデメリットがあります。

郵便局:普通切手や記念切手の買取は行っておらず、他の商品やサービスとの交換しかできない
金券ショップ:実店舗へと足を運ばなければならないだけではなく、買取価格の相場が安い
ネットオークション:記念切手を購入したい人が少ないので売れない可能性がある

希少価値の高い記念切手を持っていてヤフオクへと出品したものの、「全く売れる気配がない」といったケースは少なくありません。

その点、切手買取専門業者であれば記念切手を中心に売却できますし、汚れていたり破れていたりといって切手でも一定の金額で売れることもあるのです。

使わないからといって記念切手を捨てるのは非常に勿体無いので、買取業者で売却してみてください。

記念切手の買取価格の相場はどのくらい?

記念切手と一口に言っても様々な種類があるため、買取価格の相場もピンキリなのが特徴ですね。

普通切手と同じように額面以上の価値のない記念切手があれば、たったの1枚で数万円という金額がつくものもあります。

切手は証紙であると同時に古美術品ですので、古い記念切手ほど買取価格が高くなりやすいのです。

以下では記念切手の種類別で、大まかな買取価格の相場をまとめてみました。

明治天皇銀婚記念切手:バラでも8,000円~16,000円と高い価値を持つ
日清戦争勝利記念切手:有栖川宮熾仁親王のパターンはバラで1枚6,000円以上
平和条約調印記念切手:24円の額面の切手は買取価格が1,500円前後となる
日本赤十字社創立75年記念切手:400円~1,500円とそれなりの価値を持っている
皇太子帰朝記念切手:5円の額面は200円、10円の額面は700円が相場
日本国際見本市記念切手:400円と安いものの、シート状態だとこれから値が上がりやすい

現在では切手ブームが過ぎたため、記念切手の価値が下がりつつあります。

これから高騰する可能性がゼロだとは言い切れませんが、相場の高い記念切手は今のうちに買取業者へと依頼して売却するのが選択肢の一つですよ。

記念切手の価値を正しく知る方法は?

素人が記念切手を見ても、価値を正確に把握することはできません。

そこで、切手を買い取ってもらおうと考えている方は、どのくらいの価格で売却できるのか知るために買取業者へとアクセスして見積もりを取ってもらいましょう。

切手買取業者へとメールや電話を使って査定を依頼するシンプルな方法で、お持ちの記念切手の価値が分かります。

・記念切手を郵送して買取価格を知る宅配買取
・自宅へと査定員が来て記念切手を査定する出張買取

見積もりの依頼は上記の2つの方法に大きく分けることができ、どちらも正確に買取価格を把握できるのが特徴ですね。

切手は保存状態によって価値が下がる可能性もありますので、まずは専門業者へと査定の依頼をしてみてください。