切手買取の教科書

プレミア切手とは?買取価格の相場はどのくらい?

プレミア切手とは?

プレミア切手と聞き、「価値が高い切手」「珍しい切手」とイメージする方が多いのではないでしょうか。

これは決して間違いではありませんが、プレミア切手の定義は額面よりも高い価値で取引される種類の切手を指します。

つまり、1円でも額面よりも高ければプレミア切手に該当するため、銭だった時代の切手は全てプレミア切手扱いとなると言っても過言ではありません。

以下ではコレクターから人気を得ている高額のプレミア切手の種類をまとめてみました。

小判切手:1876~1892年に発行された普通切手で、印刷機を使った大量発行が可能となった
菊切手:1899~1908年に発行された切手で、戦争や震災で多くが消失したことから希少価値が高い
軍事切手:1910~1944年に使われた切手で、高値で取引されていることが多い
航空切手:1929~1953年に発行された切手で、航空郵便として使われていたのが特徴

昔の切手は額面が「5円」「8円」と現代と比べて安いものの、それ以上の価値を持っているからこそプレミア切手と呼べるのです。

プレミア切手の使い道は?

プレミア切手はレア度が高い切手ですので、普通に使用するのは勿体無いでしょう。

かと言っていつまでも保管しておいても仕方がないので、売却するのは効果的な使い道の一つですね。

郵便局ではプレミア切手の買取は行われていませんが、次のように一部のサービスへと充てることができます。

  • 定形郵便や定型外郵便
  • ゆうメール
  • ゆうパック
  • 書留
  • 速達
  • EMS(国際スピード郵便

ゆうパックは普通郵便と比較して金額が遥かに大きく、余っている切手を使うことができれば節約に繋がるのです。

特に欲しい商品がない場合は、金券ショップやオークションサイトでプレミア切手を売ってみてください。

使わないプレミア切手は買い取ってもらおう

使わないプレミア切手は価値が下がってしまう前に、買い取ってもらう方法がおすすめです。

今は10,000円以上の値が付く高価なプレミア切手でも、以下の理由で価格が下がるケースがありますので注意しなければなりません。

・コレクターの数が少なくなって需要が減っている
・経年劣化によってシワやシミができて汚れている
・発行枚数自体が多くて市場に流通している

切手ブームが過ぎた現在では、買取価格が下がっているのが現状です。

例えば、昭和23年に150万枚が発行された特殊なプレミア切手の見返り美人は、過去に1枚当たり15万円、5枚の1シートで75万円で取引されていました。

しかし、現在では希少価値の高いプレミア切手なのにも関わらず、1シートで15,000円程度と暴落していますね。

5枚で15,000円でも十分な値段なのですが、大事に取っておくよりも価値が下がらないうちに専門の買取業者へと依頼するのは選択肢の一つなのです。

プレミア切手の買取価格の相場はどのくらい?

額面よりも高い切手全てがプレミア切手に該当するため、「買取価格の相場は○○円」と一概に説明することができません。

特殊切手の種類によって大きな違いがあり、見返り美人のように5枚で15,000円以上の値段がする切手から、50円の額面で51円の価値といったプレミア切手もあります。

以下では有名なプレミア切手の買取価格の相場をまとめていますので、自分が持っている種類の切手にどの程度の価値があるのか参考にしてみましょう。

月に雁:バラ切手単位で5,000円
えび蔵:シートであれば5,000円以上
ビードロを吹く娘:シートは3,000円程度
赤猿:たったの1枚でも10万円以上の値が付く
金魚シリーズ:全12種類が揃うと2万円以上になる
毛主席の立派な兵士・劉英俊:6種類で25,000円程度
毛主席の長寿をたたえる:完品状態の価値は15万円以上

日本の切手はそこまで高くないものの、中国切手は高値で取引されています。

今は相場が高くても時間の経過で価値がどんどん下がる可能性はあるため、今のタイミングで専門業者へと買取の依頼をすべきです。

プレミア切手の価値を正しく知るには?

プレミア切手はあまりにも数が多いため、自分で種類や名称を調べても価値が分からないケースは少なくありません。

価値が分からなければ売って良いのかどうか判断できないので、切手の買取業者へと査定の依頼をしてみましょう。

①複数の切手買取業者の中から評判の高いところを選ぶ
②公式サイトへとアクセスして査定の依頼をメールで行う
③出張買取や宅配買取など複数の方法から選択できる
④プレミア切手の価値を知った後に買取を依頼するのか決める

上記のようにシンプルな方法で依頼できますので、金券ショップへとプレミア切手を持ち運ぶよりも圧倒的に楽です。

通貨単位が銭の切手や沖縄切手など、専門業者によっては珍しい切手でも買い取ってもらえない種類のプレミア切手があります。

その正確な判断は素人ではできないので、正しい価値を知りたい人は専門家へと査定を依頼してみてください。