切手買取の教科書

中国切手とは?買取価格の相場はどのくらい?

中国切手とは?

一般的な切手は国内で発行されていますが、中国で発行された切手のことを中国切手と呼びます。

中国切手の数は膨大で、数年前から買取市場が活発になってきました。

  • 中国経済の急成長で富裕層が投資やコレクションを目的に中国切手を集めている
  • 希少性のある切手は国内の切手よりも高値で取引されている
  • 1960~1983年に発行された中国切手は特にプレミアな価値が付きやすい
  • 近年になって急激に中国切手の知名度と人気が上がっている

中国切手には上記のような特徴があり、たった1枚の切手が数万円の価値になるケースも決して少なくありません。

中国切手の使い道とは?

国内切手でも中国切手でも、郵便局では換金ではなく交換しかできない仕組みとなっています。

他の商品やサービスと交換する形となりますので、現金が欲しい人にとっては意味がないですよね。

かと言って中国切手を普通の手紙や郵便に貼って使用するのは勿体無いので、専門業者に依頼して売却するのが主な使い道となっています。

どのような方法で中国切手を売却できるのか幾つか見ていきましょう。

・実店舗の金券ショップへとお持ちの切手を持っていく
・ヤフオクなどのオークションサイトで出品する
・切手を買い取ってくれる専門の業者に依頼する

郵便局で換金ができなくても、その他の方法で中国切手を現金化することはできますので安心してください。

使わない中国切手は買い取ってもらおう

一昔前から中国切手の価格は高騰していて、その理由をまとめてみました。

・切手を集めているコレクターの間で人気があった
・中国の富裕層が投機目的で購入していることが多い
・中国経済が急激に伸びてバブル状態にある

1枚当たり数万円の価値が付く中国切手もあるため、高く売れるうちに専門業者へと買い取ってもらった方が良いです。

「あと数年間が経過すれば自分が持っている中国切手の価値が更に高くなるのでは?」とイメージしている方は少なくありません。

確かに、買取市場がどのように変化するのは予測しづらいものの、中国経済のバブルがはじけて不況に突入したとなると、中国切手の価値は下落していきます。

「昔はもっと高い価格で買い取ってもらえたのに・・・」という失敗を防ぐためにも、高額なうちに売却するのは選択肢の一つですね。

切手買取の専門業者で中国切手を売るに当たり、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

・希少価値の高い種類であれば数万円の値段で取引されている
・わざわざ実店舗へと持ち運ばなくても買取の依頼ができる
・宅配買取や出張買取など面倒な手続きなくお持ちの中国切手を売却できる
・専門家が切手の価値を正しく査定してくれる

オークションへと出品したとしても、コレクターの数が少なければ買い取ってもらうのは難しいのです。

しかし、専門業者の場合は独自の販売ルートを持っているため、「汚れている」「破れている」といった中国切手でも高値が付くことがありますよ。

中国切手の買取価格の相場はどのくらい?

中国切手の買取価格の相場は、種類によって異なるのが大きな特徴です。

例えば、1980円に発行された最も有名な中国切手の赤猿(子ザル)は、バラ切手単位でも単体で20万円程度の価値があります。

中国で初めて発行された年賀切手だからこそ高値が付き、シートタイプの赤猿(子ザル)であればもっと跳ね上がるのではないでしょうか。

以下では他の種類の中国切手にどのくらいの価値があるのか、買取価格の相場をまとめてみました。

毛主席の最新指示:5種類が連続で印刷されているタイプは40万円近くの価値がある
少年たちよ子供の時から科学を愛そう:2元小型シートは1枚で12万円程度で売却できる
大パンダ:6種類の完品状態は15,000円程度の買取価格が付く
文芸講話:バラ売りでも30,000~50,000円が買取価格の相場
中国共産党50周年:14,000~17,000円と切手の部類では価格が高い
牡丹シリーズ:15種類が揃った小型シートは15万円程度で取引されている
天安門図第3版:10,000円~20,000円程度の買取価格が見込める

プレミアではない中国切手の買取価格は1枚当たり5円~20円程度と価値はないものの、中には10万円以上の価値を持つ種類もありますので、買取業者へと依頼して売却するのは選択肢の一つですね。

中国切手の価値を正しく知るには?

中国切手の種類は非常に多く、「思っていた以上に価値があった」「想像以上に買取価格が安かった」といったケースはあります。

素人ではお持ちの中国切手にどのくらいの価値があるのか判断できないので、専門業者へと査定の依頼をするのが一番です。

①買取業者へとメールで問い合わせる
②宅配や出張など査定の方法を選ぶ
③中国切手の価格が判明する
④売却するのか別の業者にするのか考える

このような流れで買取の依頼ができますので、金券ショップへと足を運ぶのが面倒な人はインターネットで専門の業者へとアクセスしてみてください。